税金が課せられる

法定更新がある土地貸し

不動産については、所有しているだけで固定資産税という税金が課されます。そのまま持っているだけでは、ただ税金を支払うことになるだけなので、もったいないです。そのため、土地活用をすることは大切です。 土地活用の方法の一つとして、土地貸しがあります。土地そのものを貸すということですが、この場合、注意しておきたいことがあります。それは、法定更新という制度です。 貸した場合に、どのように使うのかはいろいろですが、一般的なのは家を建てるのに貸すというものです。この場合、借りている者は強力に保護されることになります。通常、貸す側の方が力関係は強くなりますが、それでは、借りている者の生活が安定しません。そのため、正当な理由がない限り契約が更新される法定更新というものがあります。 貸した場合、すぐには返ってこないということはよく覚えておく必要があります。

相続税に気を付けよう

なかなか返ってこないとしても、権利金や地代が入るのですから悪いことではありません。それは、確かなことです。ただ、注意しておきたいのが相続税の問題です。 土地を貸すことで、相続税の負担は大幅に減ります。これも土地貸しのメリットの1つです。ですが、負担は軽くなっても、その金額自体は大きいものです。そのため、相続税も大きくなります。 貸している土地なので、売却して現金化することができません。法定更新により、出ていってもらうのも難しいです。そのため、土地貸しをしている場合、相続税を支払うための原資をきちんと確保しておく必要があります。 相続税のことを考えて権利金、地代を設定して下さい。また、将来の相続税のことを考えて、権利金を使い込まないようにしましょう。これらを守っていれば、土地貸しも安心して行うことができます。