見学を行なう

戸建てを買う際に気をつけることは

四季工房で戸建てを手に入れました。まず、戸建てを買う際の注意ですが、口コミや戸建ての購入先の社員さんの話を聞くだけではなく実際の建物を自分の目で見ることが大切だと思います。部屋の広さや壁の色などは、ただ数字やサンプルを見ただけではわかりにくいことも多いので、実際に建てられた家を見てみると良いと思います。四季工房には関東を中心にモデルルームがたくさんあるので、一度訪れてみると良いでしょう。気になることがあればモデルルームにいるスタッフの方に質問できます。また、実際に建築する前のものであれば間取りの変更や、様々なオプションがつけられますので、自分の希望を考えておくと良いと思います。実際に見学した際に、希望がどこまで実現できるのか、確認しておきましょう。

エアパスで結露防止に

四季工房の戸建てとして特徴的なのが「エアパス工法」です。これによって自然の風の力や太陽光の力を使って空気を循環させ、家じゅうの室内の温度をそろえて、夏は涼しく冬は暖かい家になる、と言われていますが、エアパス工法にはもう一つ大きなメリットがあります。それは湿度を調整してくれる、ということです。特に二重窓にしているわけではないですが、四季工房で家を建ててからは冬でも結露を心配しなくてすんでいます。また、押し入れの中もじめじめすることがなくて、中にしまってあるものがいたむこともないです。そして、結露がほとんどないために家の壁もいたみにくいそうで、家自体も長持ちすると聞き、とても安心しています。温度と湿度が快適なのが、この家の良さだと思います。